Monthly archives "9月 2021"

Vitaminize me

こんばんは。
弁護士の宮本です。

さて,今日,2回めのワクチン接種を受けてきました。
なんだか1回目よりひとが少なかったのか,1回目よりもかなりスムーズに運び,16時からの予約のはずが16時01分には接種が完了している,というよくわからないスピードでした。

今の所副反応はありませんが,巷の皆さんのお話ですと,翌日あたりから出てくることもあるみたいですので,今は解熱剤を用意して戦々恐々としています。

一応,明後日は仕事の予定があるので,あまり副反応が出ないよう,祈るばかりです。

宮城県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者も数も減少傾向ですので,このまま落ち着いてくれることを願うばかりです。

そんなエントリを,ポテトチップス片手に書いておりました。

それでは。

宮本

Let Us Cling Together

こんばんわ。
弁護士の宮本です。
今日もとりとめのないエントリで恐縮です。

さて,今日は少し忙しい一日で,少し疲弊したものですから自宅に帰ってからAmazonPrimeで映画を流しながら見てました。
何だかシンデレラがミュージカル風になったということで見てみたのですが,カミラ・カベロは流石の歌唱力でした。個人的には王子の妹役のタルーラ・グレイヴがいい感じです。

ミュージカル風,ということでしたが,曲が刺さります。
QueenやらMadonnaやらThe White StripesやらEd Sheeranやらで,馴染みのある曲がわんさか出てきます。

特に3人で歌うMaterial Girl(Madonna)は良かったです。かなり癒やされました。

さて,少し宣伝になりますが,先日日弁連の会報である「自由と正義」の2021年9月号に寄稿させていただきました。
今日の題名はそのタイトルです。

世間的にはQueenの曲のタイトルなのでしょうが,私としてはタクティクス・オウガの副題の方がしっくり来るのです。
無駄に死者の宮殿を2回周回していません。

無駄口が過ぎました。
それでは。

 

宮本

Wait and See

こんばんは。
弁護士の宮本です。

今日は9月とは思えないくらい暑かったですね。
ランニングしても汗がすごかったです。

さて,明日またラジオに出演させていただくことになりました。
明日はパワハラなどのハラスメントのお話です。

ただのハラスメントだけではなく,コロナ禍でのハラスメントなどについてもお話する予定です。

新型コロナウイルス感染症は,落ち着いたとはいえデルタ株が流行しており,本当に身近な脅威になりました。
一人ひとりが自分のこととして考える必要があると思います。いつ,自分の大切な人が感染するかもしれませんし,自分が感染させてしまうかもしれません。

こういった危機感を少しでも共有できたら,感染症の流行も少しは抑えられるかもしれません。

感染された方々のいち早い回復を祈って。

それでは。

宮本

RHYTHM RED BEAT BLACK

連投で失礼します。
弁護士の宮本です。

普段あまり政治的なお話はしないのですが,少しTwitterで気になった投稿がありましたので,少しだけお話します。

引用は,ある議員のTweetです。

内容としては,さいたま市でコロナ陽性患者に届いた自宅療養での食糧支援が,不適切なものだ,というものです。

少し興味を持ってTweetに引用されている画像を見てみました。

この食糧支援の内容,本当によく考えられているな,というのが私の印象です。

まず,自宅療養,と言っても数日で終わるわけではなく,ある程度の時間を要するもの,ということは理解できると思います。

そうすると自宅療養者の状況も刻々と変化するのであって,熱にうなされる状況もあれば,少し寛解して落ち着いた状況,熱は引いて元気だけど,ウイルスが体内にあるので外出できない状況と変化していくのでしょう。

この状況変化を前提にすると,それぞれの状況で栄養摂取の方法が異なるのは当然です。

熱にうなされる状況であれば,調理して食事をする,というのは無理なので,ゼリータイプの食べ物や,カロリーメイトなどで栄養補給するでしょう。

少し寛解した状況であれば,お粥などがいいですよね。新型コロナは喉の炎症も伴うこともあるので,喉越しの良いうどんやパスタなどもいいかもしれません。スープなどで体を温めることも一つの方策です。

そして,熱が引いた状況になれば,普通のものが食べたくなります。食欲を増すのに,カレー(しかも刺激を抑えるために甘口をチョイス)も効果的と思います。

このように,刻々変化する自宅療養者のニーズに,さいたま市は,極めて細やかに対応していると思います。

上記のように刻々変化する自宅療養者の状況に合わせた食料だけではなく,野菜ジュースやツナ缶,フルーツグラノーラなどで栄養バランスも考慮し,さらには間食もできるよう,甘いお菓子やしょっぱいお煎餅も取り入れています。
さらに言えば,栄養価が高く,保存の効くものを選び,自宅療養者が,自分のタイミングで,必要なカロリーを摂取できるように配慮されています。
もっと言えば,味覚障害が報告されているコロナ患者でも味わえるよう,焼きそばや焼き鳥など味の濃いものをチョイスしています。

想像でしか言えませんが,同市の担当者は,これまでの自宅療養者のニーズをきめ細やかに聞き取り,そのニーズに応えるよう,最大限の配慮をした上でこの食料支援の品目を決めているのだと感じます。正直,私が選べ,と言われても,「ポカリを入れます」くらいしか思いつきません。それくらい,画像にある食料支援は,非の打ち所がありません。

コロナ禍は誰もが被害者になります。ただ,その中で,これ以上悲しむ人が出ないよう,必死に頑張っている人には最大限の賛辞が送られるべきと思います。
本件で引用されたさいたま市の対応は,まさにその一例であり,その活動を揶揄するTweetには,極めて強い違和感を感じたところです。

ここまで書いて,東日本大震災の際の石巻赤十字病院で「国難です」と言った場面を思い出しました。
コロナ禍も国難となりました。様々な政治的主張はあれど,手を取り合って国難にあたっていきたいものです。

深夜テンションのままに書いてみたので,お見苦しい点はご容赦ください。

それでは
宮本

Wake Me Up When September Ends

こんばんは。
弁護士の宮本です。

早いものでもう9月です。
今年も3分の2が終わったと思うと感慨深いですね。

今日は一日会議に出席しておりまして,来年3月のシンポジウムの準備などしておりました。
来年3月,というとかなり先のような気もしますが,月数で示せばあと6か月です。うん,そんなにないですね。

日に日に吹く風は夏の熱気を忘れて,秋の雰囲気をまとうようになりました。
こんな感じで今年の3分の1も過ぎてゆくのでしょう,コロナの影響はまだまだ続きますが,それでも日は昇り,また繰り返します。

9月が始まった途端にこんなタイトルのエントリを投稿するのは,少し疲れているからですね。

どこにも出かけられない週末だからこそ,少し休んで来週に備えたいと思います。
出仕事も書き物もあるのですがね。

それでは

 

宮本