Monthly archives "9月 2020"

Pass me the potato chips

こんばんは。
弁護士の宮本です。

まもなく9月も終わりで,今年も残すところあと3か月ですね。
秋は様々食べ物が美味しくなる季節ですが,寒くなっていくのが寂しくもあります。

昨年から民事調停官を勤めておりまして,10月からは2年目に突入します。
これも様々な事件を担当させていただき,この年ではありますが,非常に新鮮な気持ちで職務に当たることができております。

調停委員の皆さんとお話することも増えましたが,本当,人生の先達というのは凄いなぁ,と毎度感じております。
それぞれ皆さん,その道のスペシャリストであり,人生経験を豊かに積まれた方で。
自分は人より法律を,ほんの少しだけ知っているだけですが,やはりそれだけでは紛争を解決するのには全くもって足りない,と思うのです。

1年調停官をやって思ったのは,まだまだ精進が足りないな,ということですね。
いやはや,がんばります。

いつか背中で語れる様になりたいものです,と堅揚げポテトを食べながら思うわけです。

それでは。
宮本

こよひ逢ふ人みなうつくしき

こんばんは。
弁護士の宮本です。

世間では4連休ですね。シルバーウィークとは最近言わなくなったのでしょうか。プレミアムフライデーとかも言わんですよね。
今日は少し仕事がありましたので、事務所に執務をしておりました。

昼間は暑かったのですが、夕方になると吹く風が冷たく感じ、夜には半袖では寒いくらいです。
こういう時に、「秋の気配を感じる」と言うのでしょう。

このように季節を感じるようになったのは、やはり少し年を取ってからですよね。
今まで季節を過ごしてきた中で、春とは、夏とは、秋とは、そして冬とは、ということを覚えていて、その風情を感じるようになることが、季節を知ることになるのでしょう。

最近法律の話が少なくて恐縮です。

それでは

宮本

好奇心は止まらない

こんばんは。
弁護士の宮本です。

故あって来月,ハラスメントに関する講演を引き受けることとなりました。
参加人数20人と書いてあったので安心したのですが,Webでの視聴300人とか記載してあり,今から戦々恐々としています。

今年,ハラスメントに関する法制度について改正がありました。
特にパワハラについては労働施策総合推進法が改正され,パワハラ対策の強化を,企業に求めています。
今年の6月から対象になるのはいわゆる大企業のみですが,段階的に中小企業にも対象になっていきます。

ハラスメントは,被害者に対する影響も非常に大きいのですが,企業の生産効率を下げ,職場内の士気を下げるという点では,企業に対しても大きなリスクである,ということはかなり共通認識になっているのだと思います。
そこで,ハラスメントを抑止する,ということは,労働者だけにとどまらず,使用者側にとっても重要性は増しているのだと思います。

以前も記載しましたが,我々の取り扱う分野は,法改正によるアップデートがあり,知識を常に更新していかなければならないところでもあります。
あゆみを止めると死んでしまうとか,サメの類いでしょうかね。
いやはや,置いていかれないようにするだけでも大変です。

 

それでは
宮本

Somebody’s pain

こんばんは。
弁護士の宮本です。

さて,今日は気になったニュースです。

ある航空機に搭乗された方が,マスクをしないことでトラブルに発展し,最終的に航空機を降ろされる事態に発展したようです。
ネットでは,「マスクをしないことは周りの迷惑になる」「マスクをしないことには理由があるのに,それを理由にするのはおかしい」,「マスクをすることは義務ではない」など,様々な意見があるようです。もっとも,意見の多くはマスクをしない搭乗者を非難する内容のようですが(無論私も一部しか見ていませんので,以上はあくまで私の感想です。)。

さて,翻って法律的に見てみると,今回の航空会社側の対応は,法律に基づくものです。
まず,航空法73条の3は「航空機内にある者は、当該航空機の安全を害し、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産に危害を及ぼし、当該航空機内の秩序を乱し、又は当該航空機内の規律に違反する行為(以下「安全阻害行為等」という。)をしてはならない。」と定めています。
「航空機内にある者」は,機長さん,CAさんに限らず,搭乗する乗客も含みます。
つまり,航空機内にいる人は,航空機内の規律に違反する行為(=安全阻害行為等)をしてはならない,ということですね。運行中の航空機内での安全阻害行為は,自分のみならず,他者の安全をも脅かしますからね。ある意味当然です。

次に,航空法73条の4第5項は「機長は、航空機内にある者が、安全阻害行為等のうち、乗降口又は非常口の扉の開閉装置を正当な理由なく操作する行為、便所において喫煙する行為、航空機に乗り組んでその職務を行う者の職務の執行を妨げる行為その他の行為であつて、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規律の維持のために特に禁止すべき行為として国土交通省令で定めるものをしたときは、その者に対し、国土交通省令で定めるところにより、当該行為を反復し、又は継続してはならない旨の命令をすることができる」としています。
この法文は,安全阻害行為をやめるように,命令ができるということを定めています。また,「航空機に乗り組んでその職務を行う者」とはいわゆるCAさんですね。
そこで記載されている「安全阻害行為」は国土交通省令で定める,としているので,今度は航空法施行規則を参照します。
航空法施行規則164条の16第3号は「航空機に乗り組んでその職務を行う者の職務の執行を妨げる行為であつて、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規律の維持に支障を及ぼすおそれのあるもの」を安全阻害行為として定めていて,おそらく今回はこの行為に該当するものとされたのだと思います(思います,と記載したのは,厳密な事実認定がされているわけではなく,ネットニュースなどで見聞きした事実を前提にすると,という意味です。)。

その上で,再度航空法に戻り,航空法73条の4第1項は「機長は、航空機内にある者が、離陸のため当該航空機のすべての乗降口が閉ざされた時から着陸の後降機のためこれらの乗降口のうちいずれかが開かれる時までに、安全阻害行為等をし、又はしようとしていると信ずるに足りる相当な理由があるときは、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規律の維持のために必要な限度で、その者に対し拘束その他安全阻害行為等を抑止するための措置(第五項の規定による命令を除く。)をとり、又はその者を降機させることができる」としています。
簡単そうに見えて,結構条文行ったり来たりしてますね,

以上のことから見ると,本件の肝はマスクとかはさしたる問題ではなく,単純に,「航空機に乗り組んでその職務を行う者」の職務を妨げる行為をしたかどうかなのだと思います(思いますについては先程と同じです。)。

これが,マスクではなく,「ギターを弾くと落ち着くから離発着時にギターを弾かせろ」→「だめです」→「嫌だ」→「降りなさい」であれば,それほど(いや,それでも面白いニュースにはなるかもしれませんが)ニュースにはならないのでしょう。
今,皆が感染拡大に気を使っていて,その中で感染拡大防止のために使われているマスクですので,気になるという側面もあるのだと思います。
ただ,根っこは,ただ単純に,航空機に乗り組んでその職務を行う者の指示に従わず,当該航空機内の秩序を乱したり,規律に違反した,ということなのだと思います。
その意味で,特段主義思想が入るものではないし,報道されている事実が真実ならば,当該乗客は秩序を乱したものとして,降機もやむを得ないのでしょうね。

とりあえず,同乗された方は,搭乗中生きた心地がしなかったでしょうから,その方々にはお見舞い申し上げる次第です。
他人の痛みにも敏感でありたいものです。

Get Wild。
それでは。

 

宮本

 

虹がかかる空には雨が降ってたんだ

こんばんは。

弁護士の宮本です。

今日の投稿は,法律の話でも,判例の話でもなんでもないです。

なんだか家の給湯器が壊れたようで,水漏れが酷いので,水の元栓を閉めざるを得ない状況になってしまいました。

ここぞとばかりに,なんとかアンに電話してみたのですが,24時間早く行く,というのは,うん…そうなったら良いね,という感じなんでしょうか。

水は命の源,という言葉に思いを致す次第です。

そんなこんなで震災の時を思い出します。あの時も夜の空は綺麗でした。

台風が近づいているようで,何事もないことを祈ります。

それでは

 

宮本