OMOIDE IN MY HEAD

こんにちは。

弁護士の宮本です。

さて,職業柄よく書面を書くのですが,その際に段落ごとにナンバリングをします。

たとえば,「1 私の考え」,「2 あなたの考え」みたいな感じです。

この際,大項目→中項目→小項目と進んでいくに従って,ナンバリングも変えるのですが,これにも一定のルールが有り,大体の法曹はこれに従っていると思います。

これは

「第1 第2 第3…」

「1 2 3…」

「⑴ ⑵ ⑶…」

「ア イ ウ…」

「(ア) (イ) (ウ)…」

とナンバリングするものです。

⑴を,(1)とカッコと数字を組み合わせる派と特殊記号の「⑴」を使う派でも分かれるとは思います。

ナンバリングは読み手にわかりやすいように,ということでつけるもので,裁判所に出す資料などは読み手が裁判官なわけですから,無論共通の意識で書いてあったほうがわかりやすいと思います。

他方,書面にもナンバリングをすることもありまして,例えば「第1準備書面」などと,何番目の書面なのかをナンバリングします。

これも特段ルールが有るわけではなく,第1準備書面,と「第◯」とする派と準備書面⑴とあとに括弧書きする派閥に分かれます。

どちらを取るかは好みですし,ある意味きのこの山とたけのこの里どっちが好き,というレベルのものですね。

ちなみに私もこだわりがあるわけではなく,相手方と被らないようにだけしています。相手方が「第◯準備書面」で出してきたら,「準備書面◯」で出す,逆の場合は逆,という感じです。

特定できれば別になんだっていいんでしょうけどね。今度「準備書面First」とか「Final準備書面」で出してみましょうか。

「原告提出の準備書面ファーストによれば…」とか逆に混乱しますね。冗談です。

 

それでは

宮本

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>