明日は桧の木になろう

こんばんは。

弁護士の宮本です。

久しぶりの更新で恐縮です。

少し最近の話題を。

憲法では表現の自由が保障されています。21条1項ですね。

「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」としており,表現についてはもちろん無制限ではないにしろ(名誉毀損など他者との権利の衝突がありますので),最大限保障されている,と考えられています。

この表現の自由に関して「言論の自由市場」という考えもあります。「言論を自由にすることが,真理を発見し普及させるには最良の手段」と考える考え方です。

つまり,自由に発言し,他者にも発言を許すことで,結果,社会における最適解を見つけられるのではないか,ということですね。

ここまでが前段階で,さて,タイトルは「あすなろサンシャイン」という電気グルーヴの曲の歌詞です。

近時,芸能人が逮捕されると,その出演作品の発表,販売が自粛されるという傾向が続いています。

曰く,「素直に作品が楽しめない」,「犯罪者の資金源を絶つためには必要な措置である」ということのようです。

無論,こうした考えも全く頷けないわけではありません。

ただ,上記のように表現が自由なのだとすれば,犯罪が発覚する前の言論を,それこそ他者の権利と衝突しないのに制限してしまうのはよろしくないのではないか,と思っています。

SNSが普及した現在,企業としてはノイジーマイノリティに配慮するという選択は間違っていないと思いますし,行儀の良い言論が残るのは仕方のないものだと思います。

「不謹慎」だから,「よく思わない人がいるのではないか」というふわっとした理由で制限してしまうのは,非常に寂しいことですし,結果耳障りの良い表現しか残さない社会になってしまうのではないか,と思ってしまいます。

多様性を容認するのであれば,もっと雑多な表現があっても良さそうなものですけどね。

毒舌のキャラが受けるのは,そんな歪みからかもしれません。

少し愚痴が入りました。明日はそんな社会になっていることを願って。

 

それでは。

宮本

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>