Blog Page

後はどうにかなるさ

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,今日は刑事事件のお話です。

先日,一審の裁判員裁判で死刑が出た事件で,高裁で無期懲役,その後最高裁でも原審維持という事件がありました。

判決文はここから確認することができます。

裁判員が死刑と認めた事件に関して,高裁で無期懲役になり,最高裁でもそれを維持する事件というのは,複数件あると思います。

そうなると,やはり市民感情を反映した裁判員裁判とはなんぞや,という意見が出るのもそのとおりですよね。

法曹からすると,行為したことを責められるのは,行為当時,事実を認識し,止めることもできたのにあえて行ったことに対する非難であると考えています。

だから,行為当時,事実をきちんと認識できていたか,自分の行動をきちんと制御できる状況だったか,ということは非常に重要だと考えています。

なぜなら,自分の行動を認識できていなかったり,自分の行動を制御できなかったとすれば,その行為を行ったことを責められないからです。

上記の最高裁判例では,覚せい剤の作用によってなかなか自分の行動を制御できなかったとする考えているようです。

無論,自分が制御不能になることを利用しようと思って覚せい剤を使用した場合には別の考え方があります。これを「原因において自由な行為」とか言ったりします。わからない方は知り合いの法学部生に聞くと,喜んで教えてくれますよ。

本件では最高裁は「死刑が究極の刑罰であり,その適用は慎重に行わなければならないという観点及び公平性の確保の観点」という点から無期懲役を選択しています(というか原審を支持しています。)。

前者はそのとおりなのですが,後者はつまり,これまでの判例法理に照らして,情状の余地がある以上,死刑は厳しすぎるということです。

裁判員の判断をひっくり返したところだけがピックアップされると,なんだか法曹としてはモヤモヤしたりするのです。

折しも,6人殺傷の熊谷の事件でも,死刑とした地裁判決を高裁が無期懲役にしたみたいで。

裁判官も悩んだりする,ということも少しは思い出してあげてください。

それでは。

 

宮本

 

外は濃藍色のたなばたの夜

こんばんは。

弁護士の宮本です。

仙台地方裁判所は高等裁判所所在地ということで,来年から民事裁判IT化を開始する特定庁になっています。

民事裁判IT化とはどういうことか,というと,これまで紙ベース行われていた裁判手続を,ITやOnlineを利用して行う,というものです。

来年2月からはこの民事裁判IT化の初期段階であるPHASE1が始まります。

このPHASE1とはどういうことなのか,というと,現在の法律の下で,運用でできる点を変えていく,ということになります。具体的には弁論準備手続など,今まで電話で参加できた期日について,Onlineでできるようにする,というものです。ちなみにWindowsのTeamsというアプリを利用します。

先日のODRのエントリでもお話しましたが,ネットは現在生活の隅々まで入り込んでいますので,IT化は必然の流れなんでしょうね。

もっとも,IT化をすることは,それに対応できない人を置いていく,という懸念もあります。

こうした懸念については,当会(仙台弁護士会)も意見表明をしております。

便利になることとは,利用できない人を置いていく,という点もあり,格差を広げやしないか,というところは普遍的なジレンマなのかもしれません。

いずれにしても,まだまだ議論の余地はあるように思えます。

さて,タイトルは何でしょう。コピペでググった方は,IT化の波には乗れるのでしょうね。

 

それでは。

 

宮本

Believe in me as I believe in you

こんばんは。

弁護士の宮本です。

懲りずにSmashing Pumpkinsですね。

私の住む仙台ではもう銀杏が散る季節になり,街中の通りが黄色に染まっています。

もう少しすると黄色が白に変わると思うと,今から戦慄しますね。

今年も早いものでまもなく師走となり,令和が始まった一年も終わろうとしています。

まずは無事に過ごせたことが一番ですが,まだまだ修行が足らんな,とも思う今日このごろです。

年明けも色々雑事があるようで,本当,健康にだけは気をつけたいものです。

それでは。

 

宮本

Your Song

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,今日も時事ニュースです。

22日の金曜に,離婚後の単独親権は憲法に違反する,として損害賠償請求を求める訴訟が提起されたようです。

詳細はこのリンクからどうぞ。

現在の日本では離婚時にその一方を親権者と定めなければなりません(民法819条1,2項)。

そうすると,どちらかが親権者になりますので,当然親権者じゃない方も生まれるわけです。

親権者ではない場合,子の監護に関わる頻度は必然的に低くなります。この,片方のみが親権者になる制度が「単独親権」です。

他方で,離婚後も両方の親が親権を行使するのが「共同親権」で,海外ではこの共同親権を採用している国もあったりします。

今回は,親権者じゃない方が,子の監護に関われなくなったことで精神的苦痛をうけた,とする訴訟のようです(あくまでニュース内容から)。

そうすると,憲法に反する,とされるのは上記の819条1,2項ですね。憲法違反を主張する訴訟も,基本的には通常の民事訴訟である点は付随的違憲審査制ということですね。ここ,テストに出ますよ。

共同親権が良いのか,単独親権が良いのか,それは様々意見のあるところですが,私は「海外でも取り入れている」ということで日本でも取り入れる,というスタイルがどうも受け入れられません。

ある国(ないしは地域)で何が一番の紛争解決手段なのか,ということは,その国ないし地域の民族性,社会性,歴史,地理的条件,文化,慣習などと分かちがたく結びついていて,ある地域でのベストウェイが,違う地域でのベストウェイになるとは限らないと思っています。

無論普遍的な価値もあって,例えば,子どもの事を考える際には,子どもの福祉を一番に考えよう,ということはそうなのかもしれません。

ただ,子どものために何が最善なのかは「他ではこう」だけで安易に取り入れるのは難しいと思っています。

率直な感想からすれば,国や地域単位ですら統一はできず,本当に個別の事案ごとに何が最善かは異なっていると思っています。

この手の事案は共同親権論者,単独親権論者いずれも極端な事例を一般化している感じがしているので,もう少し一般化できる議論ができればいいな,と思っています。

なんだかとりとめのない感想でしたが。

とまれ,タイトルでElton JohnではなくACIDMANを連想した方とは,美味しいお酒が飲めそうです。

それでは

 

宮本

君のことずっと笑わせられたら

こんばんは。

弁護士の宮本です。

先日会の庶務委員会で芋煮をしてきました。庶務の芋煮で「ショムニ」とはよく言ったもんです。

さて,私が数多く担当させていただく事件の一分野に「家事事件」があります。

離婚事件や遺産分割事件などがこれに当たります。

家事事件ももちろん法律分野です。

その根拠は民法や家事事件手続法,人事訴訟法などにあります。

例えば離婚は離婚事由というのが民法770条に列挙されていたり,相続人の貢献を寄与分とすることも民法904条の2に記載されています。

当たり前なのですが家事事件でも法律の要件に該当するかどうかが問題になり,要件に該当すれば効果が発生しますし,該当しなければ発生しません。

しかし,特に家事事件は「法律」だけで解決できない部分が非常に多いと思います。

家事事件は生活の根幹に関わる(家族など)事が多く,自分の人生における非常に重大な局面のひとつなのだと思います。

だからこそ悩み,法律では割り切れないところが顔を覗かせるのでしょうね。

私もそのような特性があることは踏まえ,できるだけ法律だけではなく,感情的にも納得できるような解決を図りたいと考えています。

法律であれば書いてあることなのですが,感情は書いてあるわけではなく,また,お一人お一人で違いますので,手探りなところもありますが,だからこそやりがいがあるところでもあります。

ままならないこともありますが,家事事件を手掛けているのはこのようなやりがいを感じるからなのかもしれません。

あまり上手いことは言えませんが。

それでは。

大きな犬と小さなケーキ

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,現在実務で婚姻費用や養育費を算定する際は,2003年に東京と大阪の裁判官が発表した算定基準(判例タイムズ1111号)を用いるのが通例となっています。

この基準に対しては,これまでひとり親世帯の貧困を助長している,などの批判があり,少し前には日弁連が新しい算定基準を提案したりなどしていました。

今回,16年ぶりにこの基準が改定されることとなりました。

昨年から司法研修所は養育費の司法研究をしていたのですが,これを算定基準(あるいは算定表)として発表するようです。

本来これは今年の春先に発表するようでしたが,少しずれ込み,12月23日の発表になりました。

正直,実務に与える影響は計り知れません。

先日調停では,養育費や婚姻費用を取り決める際に「新しい算定表が発表されても異議を申し立てない」という条項を盛り込むように言われたりもしました。

無論,一つの基準になることは否定はしませんし,これにより算定が非常に楽になり,紛争の早期解決に役立つという点はむしろ評価に値すると思います。

他方で,この基準を金科玉条のように考え,個別の事情に立ち入らずに判断することの危険もあると思うのです。

代理人としては,このような個別の事情を如何に算定表でいうところの「特別事情」に当てはめて主張するのかが,頭の使い所と思っています。

いずれにしろ,今後も研究が必要ですね。

なお,今回のタイトルでなんの曲の歌詞かわかった方は同年代ですね。この曲を聞くと冬になったな,と思う次第です。

話が脇道に逸れ過ぎですね。平にご容赦を。

それでは。

 

 

宮本

 

ドッタンバッタン大騒ぎ

こんばんは。

弁護士の宮本です。

先日,第二東京弁護士会の紛争解決支援センターの会合に参加してきました。

今年のテーマは「ODR」です。

ODRはOnline Dispute Resolutionの略称で,オンラインで紛争を解決する仕組みのことです。

よく日本ではAIを用いた紛争解決のことと混同されがちですが,広い意味ではテレビ会議やSkype等を利用した紛争解決もODRの一種とされています。

今,現実には相当ネットが生活の奥深くにまで入り込んでおりますので,紛争解決についてもOnlineで解決していくのが時代の流れなのかな,と思っています。

Onlineの方が即応性があり,また,簡便ですので,紛争解決が非常に容易になりますよね。

こうした点ではODRはとても優れています。

他方で,人は紛争解決の結果だけではなく,その過程にも価値を見出すことがあり,その場合ODRはその要求に応えられるのかな,と言う思いはあります。

いずれにしろ,うまく付き合っていくことが必要です。

来年4月からは仙台の裁判所も特定庁として裁判のIT化が始まることですし,土壇場で慌てないようにしたいものです。

それでは。

Standing on the Shoulder of Giants

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,先日のエントリーでも記載しましたが,当会では台風19号の被災者支援として,災害ADRを立ち上げました。

ADRは「Alternative Dispute Resolution」との略で「裁判外紛争解決手続」という日本語で言われたりします。

つまり,裁判所で紛争を解決するのではなく,それ以外の手続きで解決しましょう,というもので,仙台弁護士会は弁護士が間に入って仲裁人として紛争を解決する手続を用意しています。

通常も仙台弁護士会は紛争解決支援センターでADRを運営しているのですが,今回台風被害のトラブルについては,「災害ADR」として立ち上げ,受付けを開始しております。

災害ADRでは,被災者の方に使いやすいよう,申立サポートと言う制度があります。これは,トラブルはあるけど,どういう申立をしたらよいかわからない場合,サポート弁護士がお話を伺って,申立書の作成をサポートするものです。

また,災害ADRでは,通常かかる申立手数料も無料にしています。無論,申立サポートについても無料です。

この制度,そもそもは東日本大震災時に同じく当会が始めた震災ADRを下敷きに,より使いやすいようにバージョンアップしたものです。この震災ADRは500件を超える申立てがあり,震災で生じたトラブル解決の一助になっていました。

私達もできるだけトラブル解決のお手伝いができればと思っていますが,やはり先達から学ぶべきことは非常に多く,今やっていることも,先達の業績の上に成り立っているのだな,とつくづく思い知らされます。

というわけでタイトルに繋がるのでした。Oasisにも同名のアルバムがありますね。

ともあれ,災害ADRをどうぞよろしくお願いいたします。

それでは

 

宮本

 

陽はまたのぼりくりかえす

続けてでの投稿です。弁護士の宮本です。

まず,2019年の台風19号で被災された皆様に対して,お見舞い申し上げます。

今回の台風は勢力も強く,大型であったため,かなり広範囲で被害が生じています。

宮城県内でも多くの被害が生じており,非常に残念ですが人的被害も生じています。

当会としては,できることは少しずつでもやっていこう,ということでまずは被害の大きかった丸森町で相談窓口を設けたほか,昨日からは無料電話相談を開始しました。

詳しくは宣伝で恐縮ですが当会のホームページをご確認いただけるとありがたいです。

ホームページを見れない方のために,SNSでも発信をしています。

今回の被害は特定非常災害や激甚災害に指定されていますので,被災地域にお住まいの方は,どんな相談でも無料で法律相談を受けていただくことができます。

また,電話相談(022-265-5286)でも無料でお話をお伺いしています。

さらに,同じく昨日からは仙台弁護士会災害ADRを立ち上げ,実際に生じた紛争について,無料で申立てを受け付け,解決していく手続を開始しました。

当会は2011年の東日本大震災で非常に大きな被害を受けた地域にあります。

東日本大震災の際も様々な支援を受け,発生したトラブルに対し,どうにかこうにか対応してきました。無論,すべてのトラブルに十全に対応できていたわけではないと思います。

非常に悲しい経験ではありましたが,同じように悲んだり,困ったりする人がいなくなるように,次につなげていきたい,と考えています。

今回同じように自然災害が起きてしまい,今後,同じようにトラブルが生じてくることが予想されます。

学んだことを繋げられるように,一日でも早く普通の生活に戻れるよう,当会も,私もできる限りのことをしていきたいと思います。

1回転すれば少し前に進むドリルの如く,少しでも学べたことを活かせるように,頑張っていきたいと思います。

最後に,重ねてではありますが被災された方の一日も早い復旧・復興を祈念申し上げます。一日も早く皆様の元に普段の生活という陽が昇りますように。

少し真面目すぎましたかね。

それでは。

 

赤炎のスルスト

こんばんは。

弁護士の宮本です。

忙しさにかまけて更新を怠ってしまっていました。

大変申し訳無いです。

と申しますのも,本年10月から仙台簡易裁判所で民事調停官をしておりまして,毎週決まった曜日は裁判所で執務しております。

執務時間は9時30分から17時までですので,まるまる一日事務所におりません。

執務を終えて事務所に戻ると,処理すべき案件が机上にどさっと…なんてことはないのですが(事務局の皆さんのお力によるものです),なかなか電話などは繋がりにくく,お手間,ご不便をおかけしております。

ただ,新たな業務も非常に新鮮であり,日々学ぶことが多いな,と奥深さを感じております。

日々の業務にもフィードバックできるようにしたいものです。

できれば「Hey!ヨロシクッ!」的に軽いノリでこなしながら。

 

それでは。

宮本