Blog Page

オレンジジュースに透かして景色を見る

こんばんは。弁護士の宮本です。

さて,緊急事態宣言も解除され,明日6月1日からは少しずつ社会も動き出すようです。

もちろん,第2波,第3波への備えを怠らないようにしなければなりませんが,日常に戻っていく過程は,少し気が穏やかにもなります。

ただ,コロナウイルス禍がもたらした影響は非常に大きく,様々なところで大きな爪痕を残しています。

このような問題に対応するため,仙台弁護士会(それに限らず日弁連もですが)も支援策を打ち出しています。

先日ご案内した「DV・離婚・ハラスメントホットライン」はその一つで,その他,緊急事態宣言が出された後からは,電話による相談も開始しています。

また,紛争を解決するADRも「リモートADR」としてZOOMなどのWeb会議システムで進められるようにしました。また,コロナウイルス問題に起因する紛争に関しては,手数料の減免措置も受けられることになっています。

さらに,東北学院大学では,学生向けにバイトの賃金不払,休業補償やハラスメントなどの問題に対応する窓口を設け,仙台弁護士会の有志でこれに協力することになっています。

学生の皆さんが安心して勉学に励むことができるよう,相談に対応しておりますので,ぜひこちらも利用いただきたいと思います。

弁護士が表舞台に立つときは,往々にして誰かが困りごとを抱えているときです。

今は皆が困りごとを持っているときであり,我々の姿勢が試されているときでもあるなぁ,と思う次第でした。

それでは。

 

宮本

Sweet Clematis

こんばんわ。

弁護士の宮本です。

さて,少し更新をサボってしまいました。前回の更新が,コロナウイルス禍による緊急事態宣言が出されたころですので,1か月以上更新をサボってしまった計算です。

コロナウイルス禍は仙台では少し落ち着きを見せ,緊急事態宣言は解除になりました。

もっとも,九州や北海道ではまだ感染者が増加している傾向があるようであり,流行の第2波,第3波に向けて,対策を講じていかないといけないですね。

そのような中,仙台弁護士会では,コロナウイルス禍問題で増加が懸念されるDVや離婚,ハラスメントなどの問題に対応すべく,無料電話相談のホットラインを開設することになりました。

今週から,毎週木曜日,午前10時から午後2時までの4時間,弁護士がDVや離婚などの問題に電話相談で応じます。

コロナウイルスの問題は,どうしても先が見えませんので,不安やストレスを抱える事例が多いようです。

ストレスから,パートナー間での衝突が多くなることも予想されますし,さらに言えば衝突が深刻になることも懸念されます。

コロナウイルスの問題を根本から解決することは,今はまだ無理なのかもしれませんが,正しい知識を知り,適切な制度を利用することで,不安が少しでも解消できるお手伝いができればと思います。

電話番号は 022-263-3806 ですので,ぜひお電話お待ちしております。

私が担当ではないので,電話の前で待つわけではないのですが…。

それでは

宮本

明日はまた晴れるのに

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,先日全国に緊急事態宣言が出され,宮城でも不要不急の外出を控える動きが加速しています。

緊急事態宣言を受け,仙台地裁・高裁・家裁は,ゴールデンウィーク明けまでの期日を全て取り消すようです。

もちろん保全など,緊急なものは除かれますが,それでも我々の業界に与える影響は非常に大だと思います。

当事務所で週明けからリモートワークなど対策を講じることとしました。

Web接続を前提とした面談も現在調整中ですでの,追ってお知らせできると思います。

春はいい季節なのですが,まずは感染拡大防止を皆で行う,ということが重要です。

法律家として,その一翼を担えたらな,と思います。

それでは。

あ,ホットケーキかなんか,食べたいなぁ。

 

 

宮本

ヘイジャック!|’∀’|=○)`v’)∵:*

こんばんは。

弁護士の宮本です。

 

さて,昨日これまで地域を限定して出されていた緊急事態宣言が全国に拡大されました。

当会でも今週からは面談相談を停止し,電話相談に切り替えています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が広がっておりますが,我々弁護士も社会的正義を実現する立場として,問題点に立ち向かっていくべきと思っています。

とりあえずは自らが感染しないようにすべきですね。

一日も早く皆様に静かな日々が訪れますことを願って。

それでは

 

宮本

May I be the saviour of the broken the beaten and the damned

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,一昨日緊急事態宣言がだされ,新型コロナウイルス感染症の驚異も現実のものとなってきました。

今回緊急事態宣言が出された地域を管轄する裁判所では,期日が基本的に取り消されることとなり,新しい事件の受付も制限されるようです。

まだ仙台ではそこまでいってはいないのですが,ある程度期日については当事者の希望を尊重する運用をするようです。

新型コロナウイルス禍については,様々な影響を社会に与えています。

無論,収入が途絶えてしまい,廃業する事業主もいるでしょうし,解雇されてしまう労働者もいらっしゃると思います。

それだけではなく,収入が落ち込んだことで,婚姻費用や養育費では足りなくなる家庭もあるでしょうし,移動が制限されることで面会交流ができなくなる家庭もあると思います。

影響は目に見えるものだけではなく,様々な場面で顔を出すものだと思います。

私達も,できればそのような困りごとの解決の一助になりたいと思っています。

様々な困りごとが顔をのぞかせているときに,困っている人たちに手を差し伸べられるよう,頑張ってきたのですから。

感染症対策に万全はありませんが,当事務所でも出来得る限りの対応をし,(できればリモートアクセスも利用しながら)相談対応をしておりますので,ぜひご相談ください。

ちなみにタイトルはMy Chemical Romanceの「Welcome To The Black Parade」の歌詞をもじってます。分かる人に分かればいい,というスタンスはどうかと思いますね。

それでは。

 

宮本

どんなに困難で挫けそうでも

こんばんは

弁護士の宮本です。

さて,新型コロナウイルスの感染が拡大しております。当事務所でも少し前から,相談される方に接する場合には必ずマスクを着用するだけではなく,テーブル,椅子などは,相談者ごとに次亜塩素酸で消毒しております。

ついに,仙台でも特定の飲食店での感染が確認されました。これまではクルーズ船に乗船された方のみの発症者でした。

一番町のお店ですが,上のマックには結構寄っており(利用された日ではないですが),戦々恐々としております。

また,コロナ関係では志村けんさんが昨日お亡くなりになったそうです。

人の命に軽重はなく,どんな方の逝去でも悲しいことではあります。

でも,あえて言わせていただくなら,志村さんは非常に稀有なコメディアンであり,彼を失ったことは非常に大きな悲しみです。

願わくば,偉大な方を失った悲しみで,この国の方が,ウイルスの脅威を身近なものと感じていただくようになってくれたら,と思います。

そして,後に,「彼のおかげで,日本では感染が広がらなかった。日本は彼によって救われた」とコメディアンらしく笑って送ってあげたいものです。

自分の認識の甘さも再確認しました。

少しでも,皆様が笑って過ごせるよう,私もできることをしていきたいと思います。

それでは。

 

宮本

朝一の汽車に乗って

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,新型ウイルスの影響が各地で広まっており,当地でも新たな感染者が見つかったとのことです。

昨日,日弁連の会議に参加するため東京の会館に行く予定にしていたのですが,東京でも感染者が増えていることを踏まえ,急遽Skypeで会議を行うことにしました。

Skypeは非常に便利なのですが,会議に参加している感じは75%くらい減っている感じがします。

コミュニケーションの8割は言外であるということもありますし。

我々の仕事もリモートワークだけで済むところもあれば,そうではないところもあるのでしょうね。

とりあえず,電車に乗れれば上機嫌なんです。

それでは。

 

宮本

東風吹かば

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて、以前のエントリでもご紹介しましたが、私は茨城の出身でして学生時代は常磐線で仙台まで往復しておりました。

9年前の東日本大震災とそれに伴う原発事故によって、常磐線は一部区間で運行を休止しておりましたが、昨日3月14日から全線で運転を再開させました。

というニュースを聞いたら居ても立っても居られず、思い立って昨日常磐線に乗って地元に戻ってきました。

 

とはいえ、思い立ったのが午前中でしたので、乗ったのは18時発の特急ひたちです。

乗っているのは4時間近くですが、一つ一つの駅に到着するたびに、十数年前に止まった時のかすかな記憶を思い出します。

夜であまり外は見えないのですが、駅名を聞くたび、少し感傷的になります。

実家では寝るだけにして、今日(15日)にまた常磐線に乗って戻ってまいりました。

今日は昼間に来ましたので、周りの景色もよく見えます。

無論、普通になっていた区間も通りますが、復興はまだまだだと感じました。

家々の玄関にはバリケードが置かれ、朽ちた屋根がそのままになっている家もあります。また、何より人の気配が全くありません。

常磐線全線開通は一つ前向きなニュースではありますが、それで何かが終わったのではなく、これからも復興に注力する必要があることを再認識しました。

相馬を過ぎ、あとは仙台に停まるのみ、となったのですが、窓の外を見ると沿線にいる人が手を振ってくれることが多くなりました。
また、多くの人は列車を写真撮影しているのでしょう、カメラやスマートフォンを向けています。

なかなか先の見えない「復興」と言う道半ばで、常磐線の開通は一つの光になっていることも感じたところでした。

走りだせ、常磐線。

 

宮本

 

Go

こんばんは。

弁護士の宮本です。

さて,昨日(日付的には一昨日ですね)は東日本大震災から9年目に当たる日でした。

その当日,私達が所属する日本弁護士連合会の会長選挙がありました。

当会(仙台弁護士会)の,荒中先生が立候補されていたのですが,見事当選を果たされています。

しかも,選挙の大票田である東京の先生を退けての快挙です。

今まであまり公にはしていなかったのですが,私も荒先生の選挙対策事務所に所属しておりまして,主にホームページやSNSを始めとする広報を担当しておりました。

ですので,荒先生の当選は本当に嬉しい出来事でした。

どんなに良い人でも,どんなに良いことをしていても,知らなければ何も変わりません。

会長にふさわしい,ということをきちんと発信できたのは,私にとっても非常に良い経験でした。

無論,なるべき人がなる,という選挙は非常に健全だと思います。その意味で(私にとっては)今回の選挙は非常に公正に行われたと思います。

いや,何もしなくても当選していたのですよ。私なぞプールに醤油を1滴垂らすくらいの影響しかございません。

若干自虐が入りましたが,それもこれも含めて,非常に嬉しい出来事です。

それでは。

 

宮本

Get Set

こんばんは。

弁護士の宮本です。

今年も3月11日を迎えました。

東北、仙台に住むものとして、この日付には特別な思いを抱いています。

あの日のことは、私も忘れられないと思います。

また、私たちの仕事は過去に学ぶことが多い仕事でもあります。判例など、過去の裁判でこのように判断された、ということが大きな基準になったりします。

ですので、過去のことにきちんと向き合うことの大切さは十分に分かっているつもりです。

他方で、本日は、日弁連会長選挙の再投票の日でもあります。

未来の私たちのことを決める選挙が、この日付になるというのも少し因縁めいたものを感じます。

忘れえぬ過去は受け止め、それを糧に前に進めたら、という思いを新たにしたところです。

それでは。

 

宮本